五猟 沙槻 モバイル版 お気に入り画像登録
五猟 沙槻

登録 タグ *小説 *妖怪 *戦斎女 *巫女 *世間知らず
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2018-10-07 23:54:18

投稿者
プロフィール画像
詩月 七夜

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
自作の小説「妖しい、僕のまち」の登場人物。
「きゃらふと」で作成しました。

■五猟 沙槻(ごりょう さつき)
種族:人間(“戦斎女”)
性別:女性
年齢:400歳以上
 白神に根差す「五猟一族」が擁する“戦斎女(いくさのいつきめ)”。
 たおやかな雰囲気の少女で、常に白衣(びゃくえ)に緋袴(ひばかま)といった巫女の衣装を身につけている。
 “戦斎女”は、神に仕える“斎女(いつきめ)”の発展形で、史実にその名は残っていない(※完全創作です)。
 彼女達は、太古より魔に脅かされた人間達が、その強迫観念によって生みだした存在である。
 膨大な時と古くからの血筋、人の道を排した修法により、遂に生まれた彼女達は、退魔に特化した人間…というよりは、むしろ対魔兵器に近い。
 その機能は破格で、人間ながら、その身体は「死」を含むあらゆる穢(けが)れを寄せ付けない(そのため、非常に長命。但し、不老不死ではない)。
 また、呼吸をするように無尽蔵の霊気を生成し、古今東西の魑魅魍魎についての知識を備え、常軌を逸した霊力と強靭な彼女達の肉体は、神霊クラスの存在をその身に降ろす事すら可能とされる。
 普段は、一族の拠点となる「五猟神社」の奥の杜、結界の中に一人で生活をしており、魔と戦うときのみ結界の中から出る事が許されている。
 そのため、世俗に触れる事が少なく、世事には甚だ疎いポンコツ娘。性格は少し気弱。一途でおとなしく、従順な大和撫子。最近、高所恐怖症である事に気付く。
 とある出来事を通じて知り合った、巡に惹かれて、降神町役場に出向という形でやってくる。目下の目標は巡との間に子供をもうけること(但し、作り方はよく分かっていない)。
 妖怪の持つ「妖力」に抗する「霊力」の使い手で、使用術式は「神道」。
 現存する退魔師の中ではトップクラスの実力を持つ。
→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供