海桐 凪 モバイル版 お気に入り画像登録
海桐 凪

登録 タグ *小説 *妖怪 *磯撫で *褐色イケメン *海の男
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2018-10-08 00:04:55

投稿者
プロフィール画像
詩月 七夜

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
自作の小説「妖しい、僕のまち」の登場人物。
「きゃらふと」で作成しました。

■海桐 凪(かいどう なぎ)
種族:妖怪(磯撫で)
性別:男性
年齢:不詳
 降神町南部の港町、白神しらかみに住む特別住民ようかい。
 魚の妖怪“磯撫で”がその正体。
 西日本の近海によく現れたこの怪魚は、波間を撫でるように泳ぎ、船に近付くと、鋭い針のついた尾鰭おびれで船乗りを撫でて針に引っ掛け、海に落として食い殺したとされている。
 漁師にしてみれば「釣るべき魚に逆に釣られる」という恐怖もあった。
 足元まである長髪を束ねた凛々しい若者で、飛叢と並ぶ程のイケメン。
 真面目で義理人情に厚い性格で、地元では、若い妖怪達の相談役になっており、人望も厚い。
 後述の篝と鏡冶とは幼馴染みの関係。
 普段は船を駆り、漁師として働いている。
 人間とも友好的に接していたが、五猟一族との確執が生まれると、人間不信になった(現在は元に戻っている)。
 そんな中でも、民宿「しおさい」を営むおばあちゃんと孫娘とは懇意にしており、時折、魚を届ける事もある。
 妖力は【潜波討艪】
 自前の長髪の髪先を鋭利で巨大な釣り針に変化させ、攻撃する。
 針は迷彩化する事が可能で、まるで波間に溶けるように大気に透化し、音も無く相手を襲う事が可能。
 奇襲戦法としてはまさしく最上クラスの妖力といえる。
 針自体の力も高く、かなりの重量の物でも首の動きだけで釣り上げ、更に数百メートルもの射程を誇る。
 巡や飛叢達とは強い友情で結ばれている。

→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供